無料で便利なアプリ

【何と無料!「MT4 スピード注文」】優れたアプリとMT4EA設定/FX 初心者 失敗!

何と無料!優れたアプリ「MT4 スピード注文」とMT4EA設定/FX 初心者 失敗!

MT4 スピード注文 FX,初心者,失敗

他の有料のスピード注文も購入してみたけどダメでした!

やはりこれ!スピード注文001 FX,初心者,失敗ロシア発秀逸プラットフォーム「MT4」「MT5」のオーダーを簡単正確にしてくれる、しかも無料「MT4 スピード注文」はもう手放せません!

指値・逆指値は当たり前、私には使いこなせないほどの機能を搭載して、何度も言いますが無料とはほんとに素晴らしいですね。

製作者さんに感謝です!!

同様のアプリも有料発売されていますが結構な値段ですので、無料で使えるのは嬉しいです。

MT4 「スピード注文」のダウンロードとインストール

製作者ナイトさんのツイッターよりダウンロードできます。
Windowのみの対応です。

ダウンロードしますと設定方法のファイルがありますので、よくお読みください。

製作者ナイトさんのツイッター

MT4にも「ワンクリックトレード」というクイックエントリーがあるのですが、残念ながらこれは注文しか出来ませんので、少し不便でした
ワンクリックトレード
MT4 スピード注文」は、指値注文・逆指値注文はもちろん当たり前。

「両建て」「全決済」ボタンのON・OFF、損益はもちろん「取引可能数量」、そして通貨ペアの切り替えもワンクリックで行え、ホールドしているすべてのエントリーの一括決済も設定可能です。

下記はクリック証券さんのと同じ外観のスキンですが、他にも切り替えることも出来ます。クリック証券さんのと同じ外観のスキン

「MT4 スピード注文」の主な機能

  1. ワンクリックで指値・逆指値エントリーが可能
  2. スプレッドも簡単に確認可能
  3. ポジションの評価損益の表示
  4. 複数ポジションの平均レートが一目で確認可能
  5. 複数のポジションを全決済ボタンで一括決済後
  6. どれだけ追加購入できるか確認可能
  7. ドテンボタンの表示

    全決済ボタンの表示いろんな機能の調整をオプションで細かく調整できます。オプションで細かく調整

履歴の取得も可能で、下記のように売買損益の合計はもちろんですが、損益には「決済損益+手数料+スワップ」まで計算され、ポジションやlotやpips数合計、手数料、スワップの合計まで表示される機能です。

履歴の取得も可能

使える優れた無料アプリ「MT4 スピード注文」とMT4EA設定!

EA/Expert Advisorとは?

「EA/Expert Advisor」とは、MetaQuotes社が開発した「MetaQuotesLanguage(MQL言語)」と呼ばれるプログラムで「MetaTrader(MT4/MT5)」に搭載され、メタ(パソコンへの指令)を書くことで完全自動売買やバックテストなどを行うことができます。

「MT4」は、本来EA使用の自動売買取引目的のためのプラットフォームなので積極的にEAを使用するのも面白いですが、今回はトレードでは必須のEA機能を使用した無料秀逸アプリ「MT4 スピード注文」の設定方法をご説明いたします。

「MT4 スピード注文」EAの設定/「MT4」「Expertsフォルダ」にファイルを格納

1.「Experts」フォルダに「MT4 スピード注文」のEAファイルを格納する

「Experts」の場所
※「隠しファイル」を表示しないと「AppData」は表示されませんので注意してください。

「ローカルディスク(C)」→「Users」→「——-(ユーザーさん名)」→「AppData」→「Roaming」→「MetaQuotes」→「Terminal」→「425BE3—————–B5CD81006A」→MQL4→Experts

にあります。

通常は「MT4」の左上メニューの「ファイル」を「クリックプルダウン」して赤枠内の「データフォルダを開く」をクリックすると「MT4」のデータ画面が開きますので、その中の「MQL4」フォルダをクリックすると「Experts」が見えてきます。

言葉にすると複雑そうに見えますが、画像で説明しますと要は下記の3ステップですデータフォルダを開く2.青枠内の「MQL4」フォルダをクリックします。「MQL4」フォルダをクリック3.「Experts」が見えてきます。/青枠内Experts4.このExpertsファルダの中に最初に準備した「SpeedMT4.ex4」ファイルをドラッグもしくはコピペしてMT4」を再起動するとファイルが読み込まれて格納されます。

「MT4」のEA/自動売買設定

1.メニューバーから「ツール」の「オプション」を選択します。
「ツール」の「オプション」を選択2.オプションウィンドウが開くので、青枠内の「エキスパートアドバイザー」タブを選択し、赤枠内の「自動売買を許可する」をチェックしてオンに設定します。

※EAによって設定方法が異なることがあります。

自動売買を許可するチェックEAの起動ON/OFFは、ツールバーの赤枠内の「自動売買」を直接クリックして押すことによって、切り替えることができます。

赤枠内の自動売買アイコンが、赤は「OFFの状態」
赤は「OFFの状態」
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、青枠内の自動売買のアイコンが「グリーンライト(ONの状態)」に切り替わります。
(ONの状態)

3.MT4の「表示」タブをクリックプルダウンして、「ナビゲーター」をクリックします。
「ナビゲーター」をクリック
4.ナビゲーターのウィンドウが表示されます。

その中の「エキスパートアドバイザー」に先程「experts」フォルダ内に追加した「SpeedMT4.ex4」ファイル/赤枠内、が表示されているはずですので、チャートにドラッグアンドドロップしてください。
SPEEDMT4

起動が成功した場合、青枠内のように「ニコニコマーク」表示されます。
ニコニコマークが表示これで無料で秀逸な「「MT4 スピード注文」が使用可能になりました。

詳細につきましては、解凍した「MT4 スピード注文」の中にPDFファイルのマニュアルがありますのでお読みください。

「MT4 スピード注文」を軽くするための工夫

オーダーアプリのほとんどが「MT4」の「EA:エキスパートアドバイザー/自動売買機能」という機能を使用するのですが、チャートでインジケータを多用したりチャートを複数を表示させたりしていると、かなり重くなってオーダーが受理されるのに一瞬ではありますがタイムラグが発生するようになります。

下記の他の記事で紹介していますが、「MT4 スピード注文」用に「MT4」をもう一つ立ち上げ追加して「MT4 スピード注文」のためだけに設定しています。

「MT4 スピード注文」専用で起動してインジケータ・オシレーター類も何も入れずにデフォルトのまま使用すると、「EA」を自動売買オン状態にしてもサクサク動くので、約定スピードというかオーダースピードが最良の状態になります。

通貨ペアのチャート監視のために一つのデスクトップで、更に2台の「MT4」を起動し、1台「VPS」で起動して合計3つの「MT4」をに使用し、さらに「MT4 スピード注文」オーダー用に3台「EAオンのMT4」を使用しているので、合計6台の「MT4」を起動しています。

MT4の動きや反応が悪い場合は、下記の2つの記事を参考にしてください。

「MT4」の反応を良くする5つの方法と基本的な使用方法!FX初心者の失敗回避!【「MT4」の複数インストール】メモリを分散することで軽くしサクサク作動/通貨ペアを分割して監視!

テレビの録画再生、セキュリテイカメラも7台使用して見ている状況から考えると不思議なくらいサクサクと動いてくれています。

6台の「MT4」を起動

まとめ

他にもいくつかトレードに役立つアプリはありますが、やはりこれは一番です。

無料で使用させていただけるので興味のある方は、一度試されると良いと思います!

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

最近国内業者さんでも、「MT4」が使えるところが増えてきて更に便利になってきています。

MT4利用可能な国内業者さん!



スポンサーリンク/広告




RELATED POST