パソコン最適化

ついに見つけました!Windows10欠点メモリスタック・簡単リアル改善/パソコンの重くてイライラ解決!

ついに見つけました!Windows10欠点メモリスタック・簡単リアル改善/パソコンの重くてイライラ解決!

究極アルティメットユーティリティ

物理的なメモリ不足の場合、追加して容量を増やす必要があります!

OSを64ビットにしてメモリを多く積むと見違えるほど反応が良くなり、サクサクになります。

Windows10の場合は、32ビット/64ビットの選択が可能ですので、是非64ビットをインストールしてメモリを増やしてみてください!

OS「Windows10」Amazon詳細メモリ表

PCメモリは追加する場合、現在使用されているものと
同じスペックのものを購入しましょう!
Amazon詳細

パソコン毎にインストールが必要ですが、それだけの価値はあると思います。

お陰さまで有料・無料ともメモリ解放ツール探しから開放されて気分爽快です!

製作者さんに許可を頂いて、アプリの解説ページを抜粋して記事掲載させていただきました。

本ブログの他記事でこれを含めて4つの「パソコンの重くてイライラ解消」の方法を書いていますが、基礎編①・基礎編②・中級編③・付録④に分けて記事に書いた方法を下記のソフトは簡単操作で自動的にやってくれます。

特に初心者の方には難しい操作を何もしなくても簡単操作で、クリーニングからスピード改善・メモリの自動開放まで正確に行ってくれますので、願ってもないアプリだと思います。

私も1台で試して独自の機能も入っているその卓越したチューニングを非常に気に入りましたので、全面的に応援させていただきます。

「究極アルティメットユーティリティ」/パソコンの重くてイライラ解決!

究極アルティメットユーティリティ

開発の背景

開発者自身が
Windows10にアップグレードしたらInternet Explorerが劇的に遅くなって、Windows7マシンでも遅くなる場合があって、リセットしても、キャッシュクリアしても直らない!

ネットの情報でも、どうやっても直らない…. 
「じゃ徹底的に調べ上げて作ってしまおう」と、高速化処理を製作。

また画像、文字だけを閲覧したいだけなのに、サイトによって非常に重い、広告などで非常に重い、「じゃ軽くする超高速化も作ってしまおう」と作ったら、
超高速化と激高速化の2つの機能が出来上がりました。

ULTIMATE Utilities (IE) とは

究極機能を3つ備えたユーティリティです。

BOOT SPEED UP+3・究極のメモリ最適化機能・SSDの余寿命延長もできる 究極のユーティリティ集に、Internet Explorer高速化機能の「IE Booster」が追加されました。

究極機能を3つ備えたユーティリティ

BOOT SPEED UP+

究極アルティメットユーティリティ
Windowsの起動速度、操作を速くする高速化機能
使っているうちに遅くなってイライラする方・マニアックに速度を求める方
リアルにWindowsを高速化可能!

高速化処理後、Windows 8 と Windows 10 で、最速6秒の起動を叩きだす。

SSD余寿命延長/「ガチ高速化ツール」で見事に改善。
高速化処理をしますと、SSD余寿命延長が出来ます。

SSDの欠点である削除した領域の再利用ができないというのがあり、Windowsにその機能改善の「TRIM」という処理でできるはずなのですがWindowsの機能があまり良くできていません。

IE Booster (Internet Explorer Booster)

IE BoosterInternet Explorerを超高速化する機能

Windows 10から急にInternet Explorerが重く遅くなったと言う方の解決が可能。

機能説明
■高速化クリーニング

高速化 処理
遅くなったInternet Explorerの根本原因を解決処理することにより高速化
リセット画面
高速化処理でも早くならない場合は、こちらのリセットを実行。
超高速化
画像閲覧・テキスト閲覧のみで良いのに、表示が遅い重い場合、ONにしますと超高速化します。

※被さるような広告も非表示になります。
※マルウエア、ウイルスからブラウザーをある意味守ることが出来ます。
※高速化中は動画の再生出来ません。
■激高速化

超高速化とは別手法の高速化です。超高速化と併用してご使用下さい。
■一般クリーニング

Internet Explorerの一般的なクリーニング機能を7つ搭載

ご注意
サポートフリーなソフトに設計して作り上げ、十分テストを行っております。
不具合・支障があるロジックは一切ございません。

高速化するだけの機能&安価なソフトなのでお約束として下記を記載します。
※このサイトの場合はこうして欲しい、などのご要望は承っておりません。
※サイトの作りにより動作は変わりますので、表示保証・サポートはいたしておりません。
※クリーニング機能はInternet Explorer標準機能なのでサポートは行っておりません。

Memory Optimizer + 

Memory Optimizer + Windowsの使用中・未使用・不使用メモリを究極に解放してメモリ空間を空け、操作を軽くする究極機能

実行後、Windowsが軽く操作できるようになります。

さまざまなアプリケーションを同時起動、起動し終了を繰り返すと、Windowsの空きメモリは減少したままの場合があります。
これは Windowsのメモリ管理がキチンと出来ていないため、メモリ詰まりが発生しているのが原因です。
このメモリ詰まりは普通に使用していても、必ず発生します。

Windows10でも直っておらず、メモリ詰まりが発生します。
Windows10は画面表示系、操作系に負荷を与えずにスムースに動く技術は目を見張る物がありますが、
実は裏で高負荷の処理が動いており、見せ方を変えているだけで、根本の解決は出来ておりません。

メモリ詰まりが発生すると、空きメモリの減少していくので、Windows はガラガラとスワップファイルを書き込みハードディスクアクセスを行い遅くなります。

いやいやWindows10ではそんなこと無いよと言う方、パフォーマンスモニタでディスクとメモリをじっくり見て下さい。

Windows起動後、操作中にかなり高負荷に上がる処理、メモリも掴みっぱなしです。
足りなくなったメモリはページファイルへの書き込みが頻繁に起こっておりますので、 SSDの寿命を短くしてしまいます。

これをボタン1つで解決出来る機能です。

ドラゴンボールの元気玉のようにメモリを集めて空きメモリができるイメージです。

作者が言うのも何ですが、かなり気持ちよい解放が出来ます。

Memory Optimizer+ 機能説明

他社ソフトウエアでは出来ない「究極に」メモリー解放・最適化を搭載しております。

・メモリ解放レベルはレベル1~4 (弱から最強)までありますので、お好みに応じて使用できます。
・また搭載されている「メモリークリーナー技術」は 1つ・1つ違う「8つの手法」を織り交ぜております。
・最大解放レベル4はページメモリ(ページファイル)までも実行中に解放できます。

解放・最適化対象は沢山ありますが、ザックリ抜粋しますと
・起動中アプリケーション

・起動中サービス(アプリ~ドライバーに至るまで)
・未使用の空きメモリ
・キャッシュメモリ
・スタンバイメモリ
・スワップメモリ、スワップファイル

■ メモリ詰まり解消後は、Windowsメモリ解放は正常動作するようになります。
■ 巨大なファイルのコピー後に、スワップが発生してWindowsの動作が遅いとき場合でも一発で解消します。(レベル3で)
■ Windows使用中にメモリが足りなくなっても、使用中メモリから不使用/無駄な領域を探し出して解放しますので、 空きメモリを空ける事が可能です。

起動中アプリケーション、サービス、ドライバーなども、メモリ節約を考えずに製作されているのがほとんどで無駄にヒープ領域を取っております。
この無駄なヒープ領域からも空きメモリーを削り出しいたします。

本機能でWindows、各種アプリケーションがおかしくなることは一切ございません。

開発のきっかけはかねてから疑問だったWindowsのメモリ管理
各種ソフトを全て試した結果、メモリ解放出来るソフトが1つも無い状況
調べに調べ、テストを繰り返し、かなりの日数・工数を掛けて、究極なメモリ最適化機能を作成いたしました 。

「他ソフトウエアのような、子供だましのような機能ではございません、本気でメモリ解放します。」

最大レベル4でメモリ解放を行った例です

見事に使用中からページメモリ(ページファイル)まで全て解放出来ています。
ただレベル4は凄すぎるので、ページファイル設定をされている場合は、再確保のため若干ディスクアクセスが発生します。

メモリ解放001
■ OS側の仕様上制約
Windows XPのみ、Memory Optimizer+のレベル4の一部機能(ページメモリ解放)は動作しません。

BOOT SPEED UP+ 機能説明

Windowsの起動速度、操作を速くする高速化機能

Windowsは長期使用、Windowsアップデート、各種ソフトのインストールなど、動作、起動速度が遅くなります。
この現象は最新OS Windows 10 でも改善されておりません。

Windowsの起動シーケンスを改善・最適化して、起動速度のスピードアップが体感出来るプログラムです。

タスクバーの表示がなかなか出てこないので、イライラすることは無いでしょうか?
●購入当時は起動も速かったのに・・・どうにかならない?
●起動速度がもっと速くならないかな? と言う方に!

高速化処理を実行しますと、タスクバーの表示などがログオン直後に即時表示されるようになり、快適になります。
システムの起動時間を向上だけでなく、高速化処理の副産物としてアプリケーションの実行速度を速くさせることもできます。
シャットダウン時間が半分なった、インターネットエクスプローラーがサクサク動く、との報告も多数頂いております。

他社高速化ソフトReady Boost、マッハドライブ、eBoostr PRO、驚速 シリーズ全種など
どの様な高速化ソフトを使用中でも、更に高速化します。

他ソフトウエアのような子供だましのような機能ではなく、本気でWindowsの高速化処理をします。

また常駐しませんので、安心して使用できます。

開発のきっかけは開発者自身のPCが遅くなり、市販のソフトを使ってみたのですが、どのソフトを使っても高速化されない現実
動作を確認すると子供だましの様な機能、よくこんなものを・・・・以下略、
では、自分で高速化処理出来る物を作ってしまおうと、6ヶ月掛けて作成したソフトウエアとなります。

フリーウエア、シェアウエアにない、プログラマーが本気で作ったメーカーレベルのプログラムを一度ご使用なさってみてください。

きっと満足いただけるかと思います!

■ 速度改善結果のベンチマーク

電源ONから、自動ログイン完了までの時間、最大2.9倍早くなっております。

速度改善結果のベンチマーク
※この改善速度は実例ですが、PC環境により改善速度の上下有ると思いますので、上記速度を保証する物ではありません。

■ 実際に使用された方のベンチマーク※下記にお客様から頂いた評価もご参照下さい。

使えば体感と好評いただいております。
※本来計測方法は、電源ON~デスクトップを表示した瞬間までです。
※下記計測方法はバラバラですが、デスクトップ表示の瞬間とすると、ほぼ200%を推移しております。
使用された方のベンチマーク
※この改善速度は実例ですが、PC環境により改善速度の上下有ると思いますので、上記速度を保証する物ではありません。

■ その他

・約14年前のPentium III CPU 500Mhz メモリ768MB Windows XPにて
施工前 1分58.5秒 → 施工後 55.4秒の起動速度改善が出ております。

SSD検証済(INTEL X25-V)
SSDは読み込み速度が限界値まで早いのですがテストを行いました。

テスト結果 :起動速度は1.5秒~3秒短くなり、デスクトップ表示直後に起動する 各種アプリケーションの起動速度も上がり「バシッ!」 と表示され効果が確認できました。

速度にこだわりを持たれるマニアックな方にもお勧めです。

SSDは私のベンチマークですが多数のお客様からもっと高速化するとのご報告がございますので、
下記頂いた評価の抜粋をご参照下さい。

■ 操作方法 ■

■ BOOT SPEED UP+ 3 ■

操作はかんたんボタンを押すだけです。

機能ボタンを押すだけで自動的に処理します。
1.速度改善 通常モード
2.速度改善 念入りモード
3.速度改善 リセットモード

機能の説明
1.速度改善 通常モード
速度改善情報の組み直しを実行

2.速度改善 念入りモード
念入り・完璧に速度改善する場合にご使用下さい。

3.速度改善 リセットモード
速度改善情報の情報収集を行います 。

■ Memory Optimizer+ ■

操作はかんたんボタンを押すだけです。
メモリ解放レベルは4段階、お好みを選びボタンを押すだけで自動的に処理します。

■ IE Booster (Internet Explorer Booster) ■

操作はかんたん、ボタンを押すだけです。
詳細は上記で説明しております。

■ 動作環境・OSについて ■

■ 動作確認済み OS

32bit版
・Windows 10(全バージョン Windows 10 Mobile 除く)
・Windows 8.1(全バージョン Windows RT除く)
・Windows 8(全バージョン Windows RT除く)
・Windows 7(全バージョン SP1対応済)
・Windows Vista(home~Ultimate SP1 SP2) 全バージョン
・Windows XP(Home Pro SP2 SP3) 全バージョン

64bit版
・Windows 10(全バージョン Windows 10 Mobile 除く)
・Windows 8.1(全バージョンWindows RT除く)
・Windows 8(全バージョンWindows RT除く)
・Windows 7(全バージョン SP1対応済)
・Windows Vista(Business ~Enterprise のSP2) 全バージョン
・Windows XP Pro

■ 対応済み仮想環境

・Oracle VM VirtualBox
・VM Ware(Server 2)
・Mac OSX Boot Camp
・Parallels Desktop
・Virtual PC 2007
・Windows XP Mode(Windows7)
※仮想上のOSは、動作確認済みOSに準じます。

■ 動作確認済み 言語

・日本語版 OS
・海外版 OS ※マニュアルは日本語となります。

■ 環境

・ディスプレイ解像度 1024×768以上
・動作確認済みOSが動く環境でしたら、CPUの制限無し
・Microsoft .NET Framework 3.5sp 1 (無ければセットアップが自動ダウンロード)
ネットワークに接続していない場合はDVD配送をご注文下さい。

■ 他ソフトとの相性問題は一切ありません

設計段階から他社ソフトの相性問題が一切無いように作成を行っております。
また本ソフトウエアは、マイクロソフト社の開発仕様に基づいて作成しており、
使用または作成 DLLも全て.NET Frameworkを使用して作成しておりますので、他ソフトとの干渉はございません。
またアンインストールしたら、何かが動かなくなるなどの事も一切ございません。
常駐もいたしませんので、安心して使用できます。

■ OS側の仕様上制約

Windows XPのみ、Memory Optimizer+の「レベル4」のページメモリ解放は動作しません。

購入方法

製作者さんとお話いたしましたが、現在はヤフオクだけで販売しているとのことです。

色々なタイプがありますので、下記へアクセスしてお選びください。

製作者さんの許可を得ましたので下記リンクを貼っておきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以前からWindows10のメモリの開放がなにかおかしいのではないかと思っていたのですが、プロの方でも同じ用に感じていらして自分で作ってしまうというところが流石ですね。

こういうパソコンのトラブルというのはなかなか自分では解決できないものもあるので、今後もなにか気づいたら発信していきたいと思っています。

ありがとうございました!

  1. ハードディスクのクリーンアップ(別記事リンクこちら)
  2. アドウェア・PUP・スパイウェアのスキャン削除(別記事リンクこちら)
  3. 不要なプログラムやファイルの整理・フォルダの整理(別記事リンクこちら)
  4. システム・ソフトウェア・ドライバーの更新
  5. インターネット(TPC)の設定(別記事リンクこちら)
  6. コマンドプロンプトでのシステムの修復(別記事リンクこちら)
  7. Windowsのメモリ管理欠点解消!(別記事リンクこちら)

スポンサーリンク/広告




RELATED POST