トレード最適化

【MT4をVPSで使用!】パソコンの「MT4」を「VPS」へコピー移動してセットする方法!FX パソコン初心者さんの失敗回避

【MT4をVPSで使用!】パソコンの「MT4」を「VPS」へコピー移動してセットする方法!FX パソコン初心者さんの失敗回避

パソコンの「MT4」を「VPS」へコピー移動 FX,パソコン,初心者,失敗

MT4のインストール方法は、別記事にあります。
わからない方は先にお読みいただいて参考にしてください!

【「MT4」の複数インストール】軽くしサクサク作動/通貨ペアを分割して監視!
MT4インストール01

リモートデスクトップ/VPSへのコピー方法

「MT4」のインストール用・「xmtrading4setup.exe/名前は証券会社・ブローカーさんで違います」を、リモートデスクトップ/VPSへコピー&ペーストします。

リモートデスクトップ/VPSへコピー&ペーストが出来ない場合は、下記を参考にしてください。

【MT4・VPSへコピートラブル解決!】パソコンからファイルをVPSへコピー・アンド・ペースト出来なくなった時の解決方法!
VPSへコピー・アンド・ペースト

インストール.exeをダブルクリックして、指示に従いインストールしていきます。

下記画面が出たら完了です。

完了しましたら、VPS上で起動した「MT4」画面のファイルプルダウンメニューから「取引口座にログイン」を選択し、クリックします。

ログインIDとパスワードを入力し、サーバーを選択してログインします。

「MT4」が起動します。

デフォルト状態の下記画面がアップします。
/証券会社さん、ブローカーさんでデフォルト設定は若干違います。

デフォルト状態MT4

左上のメニュータブの「ファイル」のプルダウンから「データフォルダを開く」を選択し、クリックします。

データフォルダを開く
先程インストールした「MT4」のデータフォルダ画面が開きます。

赤枠内の番号が識別番号になります。

識別番号
下記の赤枠内がデータフォルダが格納されている場所になります。

データフォルダが格納されている場所
赤枠内の「Terminal」クリックすると確認することが出来ます。

「Terminal」クリックすると確認 下記画面の赤枠内が今回インストールしたMT4の「データフォルダ」になります。

このデータフォルダに、パソコンのMT4のデータをコピーしていきます。

パソコンのMT4を起動し、フアイルタブのプルダウンメニューの「データフォルダを開く」を、クリックします。

「パソコンのMT4のデータフォルダ」が開きます。

設定にもよりますが、通常赤枠内のパソコン側の「profiles」「templates」をまずコピーし、VPSのMT4のデータフォルダへペーストします。

「profiles」:保存した「チャートの組表示」のデータ
「templates」:保存した「定型チャート」のデータ

パソコンのMT4のデータフォルダ下がVPSのMT4のデータフォルダ画面です。

次にすぐ上の「MQL4」をクリックし、開きます。


開きますと下記画面になりますので、「indicators」をコピーし、VPSのMT4のデータフォルダへペーストします。

MT4を一度閉じて再起動します。

これでコピー作業は完了です!

まとめ

コピーするのは、基本的に「profiles」「templates」「indicators」の3つですので、パソコンにあまり慣れていない方も、時間を掛けて慎重に行えば問題ないです。

下記にもありますように、最近はMT4専用のVPSサービスもありますので、更に使いやすくなってきています。

VPSを使用しますと、スマホやタブレットからも簡単にWindowsを操作可能になりますので、非常に便利です。

一度お試しいただくともう手放せなくなるほどです。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

【VPSリモートデスクトップ接続】安定させる方法とデスクトップ・スマホの基本的な設定方法/

vps02

最近国内業者さんでも、「MT4」が使えるところが増えてきて更に便利になってきています。

MT4利用可能な国内業者さん!





スポンサーリンク/広告




RELATED POST